「未分類」の記事一覧

日焼け止めでベタつきたくないという場合は

未分類

日焼け止めを使いたいけど、脂性肌だから日焼け止めを塗るとどうしてもベタついてしまう(T_T)

日焼け止めはベタつきが嫌という人もいると思います。かといって、日焼け止めを塗らないわけにもいかないですよね。

乾燥とかトラブルが起きるかもしれないですよね。

そこで、脂性肌の場合、どんな日焼け止めがいいのかというと、まず、テクスチャーですが、基本的にサラサラタイプを選ぶべきです。

このタイプの日焼け止めは肌のべたつきを抑え、皮脂を吸収するパウダーが含まれていたり、皮脂の過剰分泌を抑制する成分のものが多いため、つけたときも軽い感じがして使いやすいのです。

また、刺激が少ないものがおすすめです。脂性肌タイプの場合、ニキビとかができやすい方がおおいと思いますが、日焼け止めによる肌トラブルを起こさないないためにも低刺激タイプがおすすめです。

たとえば敏感肌用やノンケミカルが良いと思います。サンプルでパッチテストをしておくのもいいと思います。

あと、脂性肌の場合、日焼け止めと下地がいっしょのものがいいでしょう。
というのは、脂性肌の場合は日焼け止めや下地など複数の化粧品を重ねると、化粧崩れしやすくなります。

なので、使用する化粧品を極力減らす意味でも日焼け止めと下地がいっしょのものがいいのです。

また、日焼け止めのぬり方ですが、ポイントを絞り、重ねづけするのがいいでしょう。ベタつきが嫌な人には、おすすめです。
あと、パウダーファンデーションを塗るのもいいと思います。

パウダーファンデーションって、光をはね返すそうですからね。

日焼けどめ選びの注意点

未分類

日焼け止めといってもたくさんあります。

なので、日焼け止め選びのポイントをまとめてみました。

自分の肌質との相性もありますから、単純に数値だけで選ぶのは、それなりにリスクも有るようです。

気をつけたいのは成分です。

できるだけ肌に負担をかけないようにしたいものです。
で、そのためには、何となく選ばないことです。

紫外線っ3つ種類があり、なかでも最も有毒性が強いのが、 UVCだそうですが、これは地表には届きないのですが、届くのはUVB、UVAです。

その威力は、皮膚の炎症や皮膚がんなどの原因にもなるようです。UVAにしても、長時間浴びると健康に影響するようです。

日焼け止めには、いろいろと種類があるけど、たとえば、クリームなら、保湿力があり油分が多く、べたつきもあります。また白くなるケースも多いです。

ミルク(乳液)の場合はクリームよりさらっとした感じで、伸びやすく保湿性もあります。

ジェルなら、べたつきがないとか白くならないといった特徴もあります。

このように種類により、それぞれ特徴があります。

あと、SP数値が大きいものは、それだけ肌への負担が大きくなると言われています。

日焼け止めの選び方のポイントとしては、用途により使い分けること。
要するにSPFやPAが高ければ、これひとつで大丈夫というものではないのです。

紫外線遮断率が高いと、肌へのダメージも大きいのです。なので、ふだんの外出には、SPF20までPA+~++でオーケーです。

夏の海や山などなら、SPF30くらいとかです。

あと、日焼け止は塗り直しが当たり前です。

じゃなければ、効果は無いです。数値が低い物でも、2,3時間おきに塗りなおせば、効果は得られます。

あとは、時間帯や季節で使い分けることも大事です。

また、顔用と身体用で使い分けましょう。

顔用は保湿成分などが多く配合されていますし、紫外線吸収剤を使わないものも多いです。

一方、からだ用はさらっとしたジェルタイプなどが多く、紫外線吸収剤が含まれているものが多いため顔には使わない方がいいのです。

あとは化粧品との組み合わせも考慮しましょう。

化粧品でも紫外線防止効果がありますから、そのあたりも考えましょう。

日焼けしてしまったらどうする?

未分類

日焼けは、絶対に防止することは無理ですよね。

なので、もし紫外線を浴びた場合、日焼けの症状をできるだけ少なくするために、どうしたらいいのかってっていうことについてです。

まず、日焼けで皮膚の剥離、つまり皮がむけはじめてしまったら、皮は無理に剥がさないことです。

あくまでも自然に剥がれるのを待ちます。

で、このときにクリームなどを塗っておくと、日焼けによるシミやそばかすの防止に繋がります。

また、日焼けした肌は保冷剤などでとにかく冷やします。しっかり保湿することはかなり有効です。肌を内側からケアするようにしましょう。

また、日焼けした場合、ビタミンC、E、βカロテンやタンパク質といった栄養をしっかりと摂ることも日焼け肌におすすめで、肌を再生するのに役立ちます。

あと、日焼けすると痛みやかゆみが起きることがあります。

その場合、まず、とにかく冷やします。冷水や冷たいタオルなどで肌のひりひりを抑えます。決して、強くこすったりしてはだめです。

また、日焼けで身体が熱くなるような場合、十分に保湿します。保湿は、低刺激のアルコールフリーのローションや日焼け後専用のローションなどが効果的です。

ほかにも日焼けで肌がかゆくなることもありますが、肌が乾燥しているためにかゆくなります。なので、かゆみがおさまらないときはワセリンなどの油分を含んだクリームなどで保湿するなど、潤いを保つことが大事です。冷やすこともおすすめです。

 

日焼けしたくない

未分類

私は日焼けが嫌いです。もともとが色黒なので、これ以上黒くなりたくないのです。っていうか少しでも色白になりたいのです。

ってことでもし、日焼けしたら、顔がひりひりして痛いので、やっぱり、日焼け止めはいいものを使いたいです。

だって、もし塗り忘れちゃったり、ちょっと外に出ただけで日焼けしちゃいます。

日焼けはゆううつです。

私は学生時代ソフトボールをしていたのが、基本真っ黒です。

ところで、日焼けしたら、水ぶくれになることもあります。これって、紫外線で肌がダメージを受けている証拠です。一種のやけどのような炎症ですから。そして同時に肌は強く傷んでいます。。。(T_T)

私は日焼けで皮がむけたりすると、ついついむいてしまいますが、本当はどうするのが肌にいいのでしょうか?

いつも悩んでしまいます。

なので、日焼けについて日焼け止めとかいろいろと調べてみたいと思います。

ページの先頭へ