日焼け止めといってもたくさんあります。

なので、日焼け止め選びのポイントをまとめてみました。

自分の肌質との相性もありますから、単純に数値だけで選ぶのは、それなりにリスクも有るようです。

気をつけたいのは成分です。

できるだけ肌に負担をかけないようにしたいものです。
で、そのためには、何となく選ばないことです。

紫外線っ3つ種類があり、なかでも最も有毒性が強いのが、 UVCだそうですが、これは地表には届きないのですが、届くのはUVB、UVAです。

その威力は、皮膚の炎症や皮膚がんなどの原因にもなるようです。UVAにしても、長時間浴びると健康に影響するようです。

日焼け止めには、いろいろと種類があるけど、たとえば、クリームなら、保湿力があり油分が多く、べたつきもあります。また白くなるケースも多いです。

ミルク(乳液)の場合はクリームよりさらっとした感じで、伸びやすく保湿性もあります。

ジェルなら、べたつきがないとか白くならないといった特徴もあります。

このように種類により、それぞれ特徴があります。

あと、SP数値が大きいものは、それだけ肌への負担が大きくなると言われています。

日焼け止めの選び方のポイントとしては、用途により使い分けること。
要するにSPFやPAが高ければ、これひとつで大丈夫というものではないのです。

紫外線遮断率が高いと、肌へのダメージも大きいのです。なので、ふだんの外出には、SPF20までPA+~++でオーケーです。

夏の海や山などなら、SPF30くらいとかです。

あと、日焼け止は塗り直しが当たり前です。

じゃなければ、効果は無いです。数値が低い物でも、2,3時間おきに塗りなおせば、効果は得られます。

あとは、時間帯や季節で使い分けることも大事です。

また、顔用と身体用で使い分けましょう。

顔用は保湿成分などが多く配合されていますし、紫外線吸収剤を使わないものも多いです。

一方、からだ用はさらっとしたジェルタイプなどが多く、紫外線吸収剤が含まれているものが多いため顔には使わない方がいいのです。

あとは化粧品との組み合わせも考慮しましょう。

化粧品でも紫外線防止効果がありますから、そのあたりも考えましょう。