日焼けは、絶対に防止することは無理ですよね。

なので、もし紫外線を浴びた場合、日焼けの症状をできるだけ少なくするために、どうしたらいいのかってっていうことについてです。

まず、日焼けで皮膚の剥離、つまり皮がむけはじめてしまったら、皮は無理に剥がさないことです。

あくまでも自然に剥がれるのを待ちます。

で、このときにクリームなどを塗っておくと、日焼けによるシミやそばかすの防止に繋がります。

また、日焼けした肌は保冷剤などでとにかく冷やします。しっかり保湿することはかなり有効です。肌を内側からケアするようにしましょう。

また、日焼けした場合、ビタミンC、E、βカロテンやタンパク質といった栄養をしっかりと摂ることも日焼け肌におすすめで、肌を再生するのに役立ちます。

あと、日焼けすると痛みやかゆみが起きることがあります。

その場合、まず、とにかく冷やします。冷水や冷たいタオルなどで肌のひりひりを抑えます。決して、強くこすったりしてはだめです。

また、日焼けで身体が熱くなるような場合、十分に保湿します。保湿は、低刺激のアルコールフリーのローションや日焼け後専用のローションなどが効果的です。

ほかにも日焼けで肌がかゆくなることもありますが、肌が乾燥しているためにかゆくなります。なので、かゆみがおさまらないときはワセリンなどの油分を含んだクリームなどで保湿するなど、潤いを保つことが大事です。冷やすこともおすすめです。